映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

INTRODUCTION

少女アネモネ新ストーリー、開幕

時代とともに進化する『エウレカセブン』シリーズ。
2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2作が2018年11月に公開となる。
少女アネモネを描く本作により、前作『ハイエボリューション1』の真の意味もまた明らかとなる。

『ハイエボリューション2』で描かれるのは父をなくしたアネモネの魂の軌跡。
世界を救うために、戦場へと投入されるアネモネが戦う相手は、
26億人を死に至らしめた絶望の存在“7番目のエウレカ=エウレカセブン”。
そして、アネモネとエウレカが出会う時、『ハイエボリューション』が描こうとした真の世界が明かされることになる。

前作に続き、監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。
さらに新メカニックのデザイナーとして、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治も参加している。

新たなストーリーの扉が開き、ここから全てがはじまる―。

イントロ画像

イントロ画像

イントロ画像

イントロ画像

STORY

まだ幼かったあの日。
父はアネモネを残して戦いに赴き、
そして帰ってこなかった。

アネモネの小さな胸に深く残る後悔。彼女の心を支えたのは、
ぬいぐるみのガリバーとAIコンシェルジュ・ドミニク。

7年が経過し、アネモネは父が散った戦場―東京にいた。

アネモネは実験部隊アシッドが実行する作戦の要として、
人類の敵「7番目のエウレカ=エウレカセブン」と戦わなくてはならないのだ。

エウレカセブンにより追い詰められた人類は、もはやアネモネに希望を託すしかなかった。

そしてアネモネは、エウレカセブンの内部へとダイブする―。

ストーリー画像

ストーリー画像

CHARACTER

石井・風花・アネモネ

石井・風花・アネモネ

エウレカ

エウレカ

ガリバー

ガリバー

STAFF

監督:京田知己/脚本:佐藤大/キャラクターデザイン:吉田健一/原作:BONES/メインメカニックデザイン:河森正治/コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、永井一男、出渕裕、齋藤将嗣、中田栄治、草彅琢人、片貝文洋、柳瀬敬之、コヤマシゲト
サブキャラクターデザイン・キャラクター総作画監督:藤田しげる、倉島亜由美/特技監督:村木靖/デザインワークス・メカニック作画監督:横屋健太
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、阿部慎吾、長野伸明/美術監督:永井一男、本庄雄志/色彩設計:水田信子/編集:坂本久美子/撮影監督:木村俊也/3D監督:篠原章郎(グラフィニカ)
音響監督:若林和弘/音楽:佐藤直紀/アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイナムコアーツ、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS/配給:ショウゲート

監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
原作:BONES
メインメカニックデザイン:河森正治
コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、永井一男、出渕裕、齋藤将嗣、中田栄治、草彅琢人、片貝文洋、柳瀬敬之、コヤマシゲト
サブキャラクターデザイン・キャラクター総作画監督:藤田しげる、倉島亜由美
特技監督:村木靖
デザインワークス・メカニック作画監督:横屋健太
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、阿部慎吾、長野伸明
美術監督:永井一男、本庄雄志
色彩設計:水田信子
編集:坂本久美子
撮影監督:木村俊也
3D監督:篠原章郎(グラフィニカ)
音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイナムコアーツ、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート

石井・風花・アネモネ

エウレカ

ガリバー

close

キャラ画像0 キャラ画像1 キャラ画像2

  • 0 0

  • 1 1

  • 2 1

石井・風花・アネモネ

<主な出演作>

CV

■本作を演じられていかがでしたか…?

■本作の印象は…?